【セブ】フィリピンで排水溝が詰まった時に使えるアイテムを紹介

こんにちは

セブマニアのユウキです。

先日、引っ越したコンドミニアムのシャワーの排水口がはじめから詰まっていたので

パイプユニッシュか何かで内部を溶かさないと思いつきました。

ただ、フィリピンにはパイプユニッシュが中々売っていないので代用品で何とかしました。

3つほど道具を揃えたのでご紹介したいと思います。



排水溝の詰まりを溶かす薬品

結論から言うとこの二つは効果が微妙でした。

少しの詰まりなら左の赤い薬品で改善しますが、前の居住者の詰まりが残っていて効きが微妙でした。

右の青いラベルの方は使った感じ殆ど効果なかったように思いました。

価格はどちらも60ペソぐらいだったと思います。


先程のボトルの効き目が微妙だったのでフィリピン人にどれが効き目の強い薬品か質問したところ

こちらの薬品を紹介されました。

APOLLO MURIATIC ACID 

価格は約50ペソでした。

サイズは一番小さいサイズの250mlを購入しました。

この薬品に関しては劇薬なので使い方に注意が必要です。

安全の為にゴム手袋、マスクは付けてください。

まず、少しでも皮膚に付着するとかなり荒れてしまうので注意して利用してください。

使い方ついては、直接排水口に注ぐのではなく水と薬品を混ぜて使います。

ただ、劇薬ですので開封して別容器に移すと危険そうな煙が出ます。

二度目になりますが使用には要注意です!

実際使ってみるとかなり効きが良いです。

排水などのつまりが気になる方はこちらで間違いないでしょう。

是非、排水口の詰まりが気になる方はAPOLLO MURIATIC ACID を使ってみてください☺



最後に

フィリピンでは日本に比べて排水環境がかなり悪いので日頃から薬品を使って排水溝をきれいにしいた方が良いですね。

価格も100円ほどで買えるのでコスパに関してもいいですね

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA