フィリピン、セブ島での防犯は必須!留学経験者が対策、グッズを紹介します!

こんにちは

セブマニア管理人のユウキです。

今回はフィリピン、セブ島で経験での防犯対策、防犯グッズをご紹介します。

実はフィリピンで日本人が一番被害に遭いやすい犯罪がスリや窃盗です。

日本と同じ感覚で生活していると犯罪に合う可能性が非常に高いので個人での防犯対策は必須です。


こちらの記事で留学での必要な物をまとめました。

cebumania


防犯対策について

日本ではリュックを肩にかけて持ち運ぶと思いますが、フィリピンでは危険な行為とされています。

現地のフィリピン人でやっている方もいますが、日本人がいるとフィリピンでは目立つのでターゲットにされやすいです。

なので、被害に遭う前に対策する必要があると思います。


コード式南京錠

コード式の南京錠はカバンやリュックにつけて利用していました。

先述したようにリュックやカバンを後ろに持つと危険性がアップするのでコード式の南京錠でロックしておけば後ろからスられる心配もなくカバンを使えます。


スーツケースベルト

これは海外あるあるですが、空港で荷物を預けると雑に投げられたりするのでその時に荷物がはじけることがあるので、その事件が起きる前にベルトを付けることをオススメします。

あと、上記の画像のようなTSAロックがついたベルトを選ぶと盗難対策になるので更に安心感があるかと思います。


財布

日本で使っている財布をそのまま留学先で使うのは危険です。

その時セブ島で使う為に購入した財布はこちらです。

この財布はポケットサイズで収納は二つに別れています。

収納力は低いですがコンパクト製と耐久性がありガシガシ使えるところもオススメポイントです。

写真左に丸い引掛けがあるのでカラビナなどをつけてスリ防止の財布として使うこともできます。



犯罪に遭わないためには

フィリピンは軽犯罪が多いので普段からの防犯意識が必要です。

例えば小物でスリに遭いやすいのはスマホ類です。

日本で携帯を盗まれるという感覚はあまりないですが、フィリピンでは多くの盗難スマホが流通しています。

フィリピンではiPhone=高級品なので日本人がスリの被害者に遭いやすいのは納得でしょう

スマホをスリに遭わない対策としては単純にズボンのポケットなどにそのまま入れて持ち運ばないことです。

実際、ズボンのポケットにスマホを入れてスリに遭う留学生を沢山みてきました。

なので、有効な対策としては盗難防止の対策をしたリュックに入れることです。

それだけでも安全対策にはなるのでそういったのがオススメです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA